ローディング中

Now Loading

代表メッセージ

2013年4月。
東京・森と市庭は、青梅・奥多摩の地で江戸の昔から森を育ててきた林業家と、住宅やオフィスなど都市の暮らしに「木」の彩りを表現したいと志す企業とともに、株式会社東京・森と市庭を立ち上げました。

かつて、多摩川の水運を通じ、林業・林産物を中心に、多摩西部の村々と江戸の町は、人と物との交流が盛んに行われていました。その経済と自然物の循環は、神社仏閣の境内などにあった市庭(いちば)での人々の集まりから始まり、発展してきました。しかし、いつしか物流の変化や市場の発達によって、都市と森のつながりは薄れ、都市の人々の暮らしには、木と森の息遣いは失われてきました。

川音がこだます森、ヒノキ造りの校舎。創業以来、これらの奥多摩の拠点から、人々と森とをつなぐ存在として、奥多摩を訪れるお客様に、森と木の体験をご紹介し、無垢の机や椅子、おもちゃ、内装など家族や仲間が朗らかに集う空間をご提案してきました。

そして、2017年12月。
山麓(やまふもと)での木材の加工と、更なる体験や商品の提供・提案を目指し、奥多摩町での製材加工所の運営を始めます。

 「森とあそび、木とくらす」

現代の都市の生活様式とリズムに森と木の、空気と時間を織り交ぜ、2つの空間を繋ぐ存在として、東京・森と市庭は歩みを続けていきます。

代表取締役 西原啓史

Mission

東京の森で営みを為し、
都市との連なりを興し、
森(生態)と人(生活)の
同期性を再現する。
東京と云う同一空間における
心的一体感を醸成し、
空間的豊かさを形成する。

会社概要

会社名 株式会社東京・森と市庭(いちば)
英語名 Tokyo forest and Ichiba Inc.
役員 代表取締役  西原啓史、野口洋
取締役 甲斐徹郎、阿部寛人、竹本吉輝
所在地 奥多摩本社
〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川1075
六本木オフィス
〒106-0032 東京都港区六本木7丁目3-13 トラスティ六本木ビル5階
連絡先 TEL:0428-74-9307  FAX:0428-74-9308
資本金 20,200,000円(2013年7月17日現在)
設立 2013年4月24日
株主 森林所有者
株式会社トビムシ  株式会社チームネット
株式会社ディー・サイン  R不動産株式会社