おしらせ

小学校にアスレチックを作りたい!東京の木で描く子どもたちの想い

東京・森と市庭はカリタス小学校6年生30名と先生方、蘆田建築設計事務所様と東京の木でアスレチックづくりにチャレンジしています。 今回の取り組みは、カリタス小学校の総合学習の一貫でクラスみんなで「木のアスレチック」を作ることが決まり、その制作相談をいただいたところから。 「子どもたちが頭の中で描いたものを形にしていくお手伝いをしていただけないでしょうか?」


模型づくり


まずは蘆田建築設計事務所様のお力をお借りして子どもたちと模型づくり。 グループごとにパーツを作成し、みんなで模型を作り上げていきました。 DSC_1244 cimg2913 cimg2917    

間伐体験


模型製作後は「アスレチックで使う木がどういう風に育つか知るために林業を学びたい」 との想いを受け、弊社の社有林で間伐体験を行いました。  

【間伐デモンストレーション】

まずはプロが伐採するのを子どもたちに見てもらいました。 初めて見るチェンソーに子どもたちは興味津々。 プロからは、「この木とこの木の間にうまく倒れたら拍手をお願いします!」 30579432814_d13738cec2_k 木が徐々に倒れていくと「うわー!!」と歓声。 「どすーん」と倒れた杉の木が見事に木と木の間に。 「うわーすごい!!」子どもたちは拍手で大喜びでした。 31031793530_d4084ca972_k  

【いよいよノコギリとロープで伐採体験!】

プロの素晴らしい技術を目の当たりにして俄然燃える子どもたち。 森の中に目印がつけられた木をグループで伐採します。 こちらから与えるのはグループに一つのノコギリだけ。 image1 「うわーぜんぜんうまく切れない!」 チェンソーでスムーズに木を伐採していく様を見ていた子どもたちは、自分の力だけで一本の木を切ることの大変さを体感します。 image2 何回も何回もノコギリを動かし、やっと一本伐採! 「やったー!やっと切れた!!」 午前中から夢中になっていたヒノキの伐採作業は、気づいたらお昼をまわっていました。 image6 image3  

【森の中でランチタイム】

「はぁー疲れたー!」 グループごとに一本の木を子どもたちだけで切った後はお待ちかねのお昼。 暖かかったので森の中で食べました。いつもは静かな森も、今日は子どもたちの声でにぎやかです。 31031792860_e519643ff1_k  

【ヒノキのまな板づくり】

お腹がいっぱいになった後は、ヒノキのまな板づくりを行いました。 これは朝早く起きてお弁当を作ってくださった親御さんへのお土産です。 みんな丁寧に角をやすり、使いやすく滑らかなまな板ができました。 31031791670_b8a6a81dcd_k   最後はみんなで記念撮影。 少しだけ、東京の森や木と仲良くなれたかな? カリタス小学校様のアスレチックづくりはこれからが本番です。 少しづつ、確実に想いを形にしていく子どもたちと、それをサポートする先生方。とても素晴らしい学校です。 ぜひ木のアスレチックを実現させましょう。 カリタス小学校の皆さま、東京の森にお越しいただきどうもありがとうございました! image9   東京・森と市庭は東京の森がもっと身近になる体験プログラムや東京の木を活かした空間づくりを今後も行っていきますので、ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。   ■PS: 2017/01/31に間伐した材を学校へ搬出致しました!アスレチックづくり、進んでおります。

DSC_1593

DSC_1594

DSC_1595

   

カテゴリー

  • 最近のニュース

  • カテゴリー

  • アーカイブ